NPO大月エコの里視察(農福連携など)

NPO大月エコの里視察(農福連携など)

これまでの活動を評価されて昨年には農林水産大臣賞を受賞した大月エコの里。NPO大月エコの里の前理事長と一般社団法人デマンド・アンド・ケア小林 弘幸代表理事が知り合いということで、昨日は理事長さんを始め皆さん方がご対応いただき視察をさせていただきました。
四季折々の富士山を楽しめるこの施設は、17年前はほぼ原野。その場所を時間をかけて整備し、都内からログハウスを移築。
NPOとして県内や東京都内からも会員を広く募集し、貸し農園事業、椎茸栽培・タケノコ狩り・ドローンイベント開催、調理加工場やマウンテンバイクトレイルコースの整備もされ、他にもピザ窯やBBQスペースもあり家族やグループで楽しめ、さらに会員は宿泊も可能だそうです。

新しくできた中央道談合坂スマートI.C.からも10分あまりとアクセスもアップしてこの先の展開が楽しみな施設です。デマンド・アンド・ケアとしても今後、農福連携や農業の6次産業化、集客、広報、情報発信、地域連携などの分野で連携、共創できればと提案をさせていただきました。
エコの里のHPはコメント欄にてご紹介します。